シーリングの役割

ボートやパネルの隙間を埋める

外壁塗装におけるシーリングの役割はボートやパネルの隙間を

埋めること。隙間から雨水や汚れが侵入して外壁の寿命が短くなってしまいます。


ひび割れ防止

揺れや温度変化によって衝突したり引っ張り合ったりすることになり

ひび割れが起きてしまう事があります。

樹脂製であるシーリングは弾力があるため、外壁材の間に充填することで

クッションがわりになりひび割れを防止します。


外壁材を長持ちさせる

樹脂製で弾力のあるシーリングは、外壁材のボートやパネルの代わりに膨張や収縮の動きに追従してくれます。それによって外壁材が破損することなく

長持ちさせることが出来ます。

何か気になる事があればご相談お気軽にお待ちしております。


その他にも

愛知県名古屋市での塗装工事等ご相談、ご連絡等お気軽に

お待ちしております💌